2/14ページ

2/14ページ

お前は今まで祈った神の名前を覚えているか?【新書読書】

島田 裕巳 なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか 幻冬舎新書 2013/11/29   目次 日本の神々と神社 八幡―日本神話に登場しない外来の荒ぶる神 天神―菅原道真を祀った「受験の神様」の謎 稲荷―絶えず変化する膨大な信仰のネットワーク 伊勢―皇室の祖先神・天照大御神を祀る 出雲―国造という名の現人神神主の圧倒的存在感 春日―権勢をほしいままにした藤原氏の氏神 熊野―浄土や観音信仰との濃厚な融合 祇園―祭で拡大した信仰 諏訪―古代から続くさまざまな信仰世界 白山―仏教と深くかかわる […]

フランス語が「なんか難しそう」から「何となく分かる」になる裏道ルート【新書読書】

中条 省平 世界一簡単なフランス語の本 すぐに読める、読めれば話せる、話せば解る! 幻冬舎新書, 2018/3/29   目次 第1章 フランス語は、読めれば、できる  綴りと発音の関係 第2章 男性・女性、危険な関係  名詞、冠詞、形容詞、数の表現 第3章 セシボン、ケスクセ、コマンタレブー  フランス語の文章に触れる 第4章 動詞の90%をマスターする  動詞の活用、否定、命令など 第5章 ジュテームの手ほどき  人称代名詞について 第6章 カフェオレとサントワマミー  前置詞、所 […]

教養としての生物学、発想としての生物学【新書読書】

本川 達雄 生物学的文明論 新潮新書 2011/6/1   目次 第1章 サンゴ礁とリサイクル 第2章 サンゴ礁と共生 第3章 生物多様性と生態系 第4章 生物と水の関係 第5章 生物の形と意味 第6章 生物のデザインと技術 第7章 生物のサイズとエネルギー 第8章 生物の時間と絶対時間 第9章 「時間環境」という環境問題 第10章 ヒトの寿命と人間の寿命 第11章 ナマコの教訓 (今回から紹介する本の目次を入れてみることにしました)   本川達雄氏の科学エッセイ集です。 『 […]

「一生学び続ける人」にとって、「独学」は「邪道」ではなく「王道」である【新書読書】

野口 悠紀雄 「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ 角川新書, 2018/6/9   巣ごもり需要も相まって、ここ数年「大人の学び」が静かなブームのようです。 昨年ブームを巻き起こした読書猿氏の『独学大全』も記憶に新しいですが、先んじて2018年に出版されたこの新書を今回はピックアップします。 私の「独学観」に少なからず影響を与えた一冊です。   本書は「洗練された筆者の独学モデルからメンタリティやテクニックを学ぶ」といった色合いの強い一冊です。 「手広さ」や「普遍性」より […]

英語の勉強を疎かにしてきた人ほど「ネイティブ信仰」に陥りやすいよね【新書読書】

デイビッド・セイン(著), 森田 修(著) やり直し教養講座 英文法、ネイティブが教えるとこうなります NHK出版新書, 2011/4/7   Kindle本を買うようになってから、「ビジネス書」というジャンルがどうしても視界に入ってきてしまいまして。 Kindleセールを眺めるようになって気付いたんですが、面白いことに「ビジネス書」の中にも「英語の学び直し」とか「数学の学び直し」みたいな企画の本が結構あるんですね。 「学び直したいのならその『やり直したい』レベルの参考書を買って勉強す […]

動物の話をすぐヒトに当てはめたがる人は、まず動物のことを学んだ方が良いんじゃないだろうか【新書読書】

日高 敏隆 動物の言い分 人間の言い分 角川oneテーマ21 2001/5/1   今週は動物の雑学ネタ。 一昔前に「〇〇な動物」みたいな本も流行ったりしましたが、本書は更にそれより一回りくらい前に出版されているので、動物雑学本の先駆けと言ったところでしょうか。 「動物を学ぶ本」というより「物知りおじさんの動物面白トーク」くらいの感覚で読めます。 章立ては一応あるけど、あまりそれに沿って構成がまとまっているわけではなし。それぞれの項ごとに動物についての小話が列挙されています。 列挙され […]

古今東西文理を問わず、学者たちは「分類」という白昼夢を見る【新書読書】

三中 信宏 分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか 講談社現代新書, 2009/9/17   「種は幻想」 この発言を初めて目にした時、私は非常に衝撃を受けました。 その発言が、生物学者であり「現代の博物学者」といっても過言ではない、「その道の専門家」から発せられたものだったからです。 (目にしたのがこのツイートだったかは定かでないのですが、今検索したらこれがヒットしたので、ここに貼っておきます) 【種】は幻想,【亜種】は妄想,【属】は白日夢. QT @haruyo_y: […]

「酒呑童子」を漫画で読む【新書読書】

大塚 英志(編集), 山本 忠宏(編集) まんが訳 酒呑童子絵巻 ちくま新書 2020/5/8   この発想は無かった!   本書は絵巻物の「まんが訳」です。 「現代語訳」ではなく、「コミカライズ」でもなく、「まんが訳」なんです。   何を言ってるかわからないと思いますが、見て頂く方がイメージを掴みやすいと思います。 試しに1ページ引用しましょう。   大塚 英志(編集), 山本 忠宏(編集)(2020)『まんが訳 酒呑童子絵巻』ちくま新書, P.8 こん […]

「視れども見えず」を科学で切り取る【新書読書】

山口 真美 視覚世界の謎に迫る 脳と視覚の実験心理学 ブルーバックス, 2005/11/18   視覚の発達を起点に、ヒトの視覚認知について概説した本です。 本書では、主として「脳がどのように視覚情報を処理しているか」という「視覚のソフトウェア面」について語っています。   私たちは「視覚」という人体の機能について、「カメラのように外界の光情報を忠実に反映する装置」だと思っていますが、実際にはそれだけのものではありません。 これを示す端的な例として、冒頭では「生まれつき目の見 […]

「よく読むこと」の限界と、「人は一人では賢くなれない」という話【新書読書】

西林 克彦 わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 光文社新書 2005/9/20   「質より量」の読書をしてるなーと思い始めた頃に読む本。 数々の例題を通して「いい加減に読んでいる」ことを突きつけてくれる良書です。   本書の大筋の主張はシンプルで、 ・思い込みで読むな ・部分をちゃんと読め ・部分と部分の整合性に気をつけろ ・「まだ自分の読みは不十分」と常に疑え といったところです。 主張は普通なんですが、これを読者に芯から納得させる筋立てが本当に上手い。 一つ一つ […]

1 2 14