2018年6月

【書評】アウシュヴィッツの図書係

    アントニオ G イトゥルベ(著), 小原 京子(翻訳) : アウシュヴィッツの図書係. 集英社, 2016/7/5       BACKGROUND ――対象 ナチス政権下でのアウシュヴィッツを描いた物語。 物語としての肉付けを行ったためかフィクションという体裁を取っていますが、実在する人物を扱っており、大筋においては限りなくノンフィクションに近い性質の物語です。 著者はジャーナリストであり、彼が80歳の「ディタ・クラウス」から直に取材した話をまと […]

【書評】音律と音階の科学

【書評】音律と音階の科学 小方 厚 : 音律と音階の科学 新装版. ブルーバックス, 2018/5/16     BACKGROUND ――対象 「物理学者が音楽理論の根本を解き明かす」という、一風変わったコンセプトです。 音階やコードといった音楽理論に物理学の視点で斬り込みます。   本書が出版された2007年の時点では、音楽理論を物理学や心理学の視点で語る本はまだあまりなく、和書では本書が草分けのような存在だったと記憶しています。 十代の私は本書の旧版を読んで、 […]

遺伝子、ゲノム、DNA……一体どう違うの?

DNA、遺伝子、ゲノム、エピジェネティック…… 混乱しがちなこの辺りの用語を、備忘録的にサクサクとまとめてみました。 「DNA」と「遺伝子」の違いは? 簡単に言えば、 「DNA」は「物質としての名前」=ハードウェア 「遺伝子」は「機能としての名前」=ソフトウェア ということになります。   DNAとは「デオキシリボ核酸deoxyribonucleic acid」という物質の名前。 遺伝子情報がこの物質の形で格納されているということになります。 ちなみにDNAの説明として「二本鎖のアノ分 […]