岩崎 秀雄

物質に宿る生命、生命を司る物質【新書読書】

岩崎 秀雄 〈生命〉とは何だろうか 表現する生物学、思考する芸術 談社現代新書, 2013/2/15   目次 第1章 つくりながら理解する生物学―細胞をつくるとは? 第2章 「細胞を創る」研究会をつくる 第3章 合成生物学の源流をめぐって 第4章 表現する生命科学―生命美学という試み 第5章 現代芸術における生命   「生命の仕組み」がここまで物質的に解明されてきたのなら、そろそろ「人工的な生命」が作れるのではないだろうか ――分子生物学の本を読んでいると、そんな期待が湧き […]